圧着ハガキは専門業者に依頼しよう!作成から投函代行まで任せられる

着圧はがき

大切なキャンペーン案内は圧着ハガキで出そう

ハガキを開封する

これから新サービス導入や、新規入会者募集等のキャンペーン案内を出す予定なら、是非、圧着ハガキを使うといいでしょう。圧着ハガキは、見た目はハガキと同じですが、用紙に封をして、受取人以外の人にはその内部の大切な情報を見られないようにできるタイプのハガキです。圧着ハガキを使うと、このような特殊な構造を持っているために、開封して内側に隠れている部分の情報を見たいと思わせる効果を発揮します。つまり、キャンペーンの内容が重要なもので、何としてもなんらかのレスポンスが欲しいと期待しているなら、圧着ハガキを使うのが妥当と考えられます。圧着ハガキの作成は専門業者に依頼する企業が大半を占めますが、それは製法が特殊なため、一般的な業務用プリンタなどでは作成できないためです。専門業者に作成費用を支払い、送料も負担するので、ある程度のコストはかかります。しかし、送料はハガキと同じか、広告郵便扱いで安くなるかもしれませんし、何よりも結果的に高いレスポンスが得られれば、コスパに関しては満足すべき結果になるでしょう。圧着ハガキは、見た目よりもずっと多くの情報を印刷できますので、印刷の際、専門業者とも相談して、見にくくならない範囲でできるだけ多くの情報を載せましょう。

ダイレクトメールでよく使用されている圧着ハガキとは

ダイレクトメールで頻繁に使用されている圧着ハガキ。
そもそもダイレクトメールというのは企業にとって大切な営業ツールなのですが、なぜ圧着ハガキが使用されることが多いのでしょうか。
まず、圧着ハガキというのは、折り畳まれたハガキを特殊なニスによって圧着し、中身が見えない状態になっているものです。
中身を確認するためには、折り畳まれて接着されている部分を剥がすだけでOKなため、封書より中身が確認しやすいです。
更に、折り畳まれている分通常のハガキに比べると情報を記入できる面積が広く、普通のハガキの2倍~3倍は盛り込むことができます。
そのため、ダイレクトメールでよく使用されているのです。
ダイレクトメールは一種の広告なので、沢山の情報を伝えられるというのは大きなメリットです。
また、情報が隠された状態であるために、中味を確認したいという心理的な効果もあり、目を通して貰いやすいというのもダイレクトメールで使用される理由の1つです。
圧着ハガキは捲るだけなので、中を確認するのもそれほど手間ではありませんし、開封率が高いのです。
圧着ハガキの作成はインターネットから気軽に専門業者に依頼できるので、ダイレクトメール用に圧着ハガキを作るのなら、作成は専門業者に依頼しましょう。

大切なお知らせは機密性の高い圧着ハガキを使って送ろう

ネットショップのログイン情報やキャンペーンに参加する本人だけが知るべきコード番号など、企業から個人に機密性の高い情報を郵送するケースはしばしばあります。そんなとき、表も裏も丸見えの通常のハガキを使って連絡すると、おそらく、受取人からは、かなり強い抗議を受けるはずです。こうした情報は、漏洩すれば悪用されるリスクが高く、その損失を顧客が負うことになってしまうためです。こんな場合は、圧着ハガキを使って、大切な情報が簡単に外部に漏れないよう、十分な配慮をする必要があるでしょう。圧着ハガキの作成は専門業者に依頼する必要があり、専門業者に外注するということは、その分のコストがかかります。自社で使っているプリンターで、市販のはがきに印刷するよりは、コストも高くつくでしょう。しかし、圧着ハガキを使わなかった場合の損失は、これよりもはるかに大きくなるものと予想されます。すなわち、顧客の信頼の喪失と、それに伴うセールスダウンです。従って、多少のコストはかかっても、顧客の重要情報を扱う際には、圧着ハガキを使って、封入した内部に情報を隠すようにしましょう。開封されない限り、その情報が外に漏れることはないので、安心です。

Update list

TOP